ABOUT

 齋藤紘良と齋藤美和のふたりぐみ。緑豊かな町田にスタジオ兼、アトリエをかまえ、こどもたちと暮らしながら、音楽、執筆活動を行っている。
<齋藤紘良(さいとうこうりょう)しぜんの国保育園園長/作曲家>
森の循環システム「里山文化」を体現するプログラムと、長期にわたりヨーロッパの福祉や文化を視察してきた経験をもとに、芸術と自然、そして食を基盤とした保育実践を行っている。映像番組への楽曲提供や様々な場所でのワークショップ、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを行う。子どもと大人を文化でつなぐレーベルsaitocnoや齋藤紘良&ミラージュ楽団などを主催、チルドレンミュージックバンドCOINNメンバー、季刊誌BALLADをプロデュース。
<齋藤美和(さいとうみわ)>
書籍や雑誌の編集、執筆の仕事を経て、東京・町田市にある「しぜんの国保育園」で働きはじめる。主に子育て支援を担当し、地域の親子のためのプログラムを企画運営する。また、齋藤紘良とのユニット「saitocno」で、伝承文化を大切にしたミニマガジン『BALLAD』の発行、CDのリリース、イベントなどを行う。『保育の友』『遊育』などで「こども」をテーマにした執筆を行い、 2015年には初の翻訳絵本『自然のとびら』(アノニマスタジオ)を発表。主催イベント
・サウンド園庭
・ロマンスの大往生際祭
・みえるおと
・ハイ・ラマズ JAPAN TOUR
・サウンド園庭共催・協力イベント
・あきでら(sweet dreams press)
・はるでら(sweet dreams press)
・くらしのmoto市
・『TONOFON SOLO & SWEET DREAMS 2014』(TONOFON ×sweet dreams press)
など多数